やたらにつめこんでいくばかりの引き出し
-twitter: http://twitter.com/slow_steps
815 1/3 sage 2005/06/26(日) 01:25:15 ID:+9YjEtEu0
(前略)
杖をついた男が赤いコートを着て白い大きなマスクを口につけた女性に出会った。
女は男に近づくと一言、こう尋ねた。
「私キレイ?」
少し考えた後、男は答えた。
「ええ、キレイですよ」
するとその女性は突然マスクに手をかけ、それを剥ぎ取りながらこう言った。
「これでも・・・キレイかー!!」
何と、その女性の口は耳まで裂けていたのだ。
しかし、男は少しだけ困った顔をしながらこういった。
「私は目が見えないんですよ、なので”これでも”というのが何のことかはわかりません」
少し思案した後、女は男の手を取ると頬の裂けている部分をなぞらせた。
頬に触れた男の手が一瞬揺れ、自分の話している相手が口の裂けている女だと気づいた。
そして女は、もう一度先ほどの質問を繰り返した。
「これでも・・・口が裂けていてもキレイか!」


816 2/3 sage 2005/06/26(日) 01:26:04 ID:+9YjEtEu0
男の答えは変わらなかった。むしろ、よりはっきりと言い放った。
「あなたは、キレイな人です」
そして、男は光を感じない目を女に向けるとこう続けた。
「私が光を失ってからずいぶん経ちます、そして多くの人に会ってきました。
 今のように道で声をかけられたこともあります。多くの人は私が盲目だと知ると
 声をかけたことをあやまり、同情し、申し訳なさそうに去っていくのです。
 しかし、あなたは私の意見を聞こうとしてくれる。口のことも触れさせることで
 教えてくれた。私を特別視していないようですごく嬉しいことです。
 私は外見のことはわからないので、そういった基準でしか判断できませんが
 あなたは少なくとも、私にとってはキレイな人です。
 失礼でなければ、あなたともっと話をしてみたいです」
と、とても嬉しそうに話す男。
女はポカーンとした後、急にボンッ!と音が出そうな勢いで赤面し
「あ、ありがとう、きょきょきょ今日は時間がないから、これ、こここれで失礼します」
とだけ言うと走っていってしまった。


817 3/3 sage 2005/06/26(日) 01:26:43 ID:+9YjEtEu0
走りながら女は自分に言い聞かせる。
(心臓がすごくドキドキしているのは今走ってるから!)
頭に浮かぶ先ほどの男の嬉しそうな顔を振り払いながら赤面した女は走り続けた。




それから、杖を持った男と大きなマスクをした女性が
仲よさそうに話しながら歩いているのがたびたび目撃されたという。
同じ曲でも故意にかけるよりラジオとかテレビとかでかかった方が嬉しい
higuchiyuko:

寝室 #ヒグチユウコ

higuchiyuko:

寝室 #ヒグチユウコ

tamoriakagai:

[目的地未設定]2014年1月/家島

tamoriakagai:

[目的地未設定]2014年1月/家島

・「願いをかける時には気をつけよう。かなうかもしれないから」という古くからの言い習わしある。
会話が苦手な人が信じている事が三つある。反論は自分への攻撃、人は見下すか見下されるかしかない、意見が同じである事が仲良くなる事。会話が上手な人はそれらに従わない。許容し、裁かず、自尊する
tamoriakagai:

[目的地未設定]2014年1月/家島

tamoriakagai:

[目的地未設定]2014年1月/家島

carudamon119:

画像大喜利 ボケて!IPPON ‏@ippon_gazou__  
「はい!みなさんが静かになるまでに先生ここまで退化しました」

carudamon119:

画像大喜利 ボケて!IPPON ‏@ippon_gazou__  

「はい!みなさんが静かになるまでに先生ここまで退化しました」

(via scsa)

わかりますか?
子供たちに掃除させてたんです。フンを。

しばらく観察していると、小さな子供たちが自分の背丈ほどもあるちりとりとホウキを駆使してヤギのウンコを集め、そして片付けている様子がよくわかりました。

このやり方のすごいところは、

動物園側の手間(=コスト)の削減に繋がってる
しいく係になれて来園者(子供)の満足度が向上
地面のウンコが減って来園者(大人)の満足度も向上
という具合にみんな幸せになっていること。

観察している限り、
ホウキとちりとりは数組しか用意していない
 →希望者全員には行き渡らない
 →結果として、ヤギのウンコの片付け待ちという脅威の現象が発生!
「掃除してね」とはお願いしていない(ヤギはお願いしてるけど)
 →「君も飼育係になれる」とプレミア感を演出
 →結果として、ヤギのウンコを片付けたいという脅威の駄々こねが発生!
という小細工もうまく作用しているようです。

これ考えた人、マジすごいよ。
m0r1:

日本人ブロガーの「猫ケーキ」が世界で絶賛
© 2014 slow_steps' drawer / Powered by Tumblr

Theme by Michigonn.
This theme is inspired by Rubber Cement, Sunrise and BlueDots. Thanks!